Saint Saturnin lès Apt は廃墟と眺望を満喫できるプロヴァンスの穴場

南仏リュベロン地方の Saint Saturnin lès Apt (サン・サテュルナン・レザプト)という村。遠くからも見える細長く山を上っていく古い村の廃墟の姿と、山の上からの美しいプロヴァンス眺望とを満喫できる穴場スポットを訪れてみよう。

家屋のスタイルで見るフランスの地方めぐり

フランスって国は六角形で、その6つの角にそれぞれ異なる文化が混じり合っているので国内旅行がなかなか面白い。今日は各地方ごとに多彩な家屋のスタイルを見ながらフランスを一周(あ、3分の2周くらいかな…?)してみましょう。

コラヴァン (Coravin) でワイン生活が著しく進化!!

ワインでおなじみのフランスに住んでいるというのにアルコールに極度に弱いもじゃもじゃうさぎが Black Friday で コラヴァン(Coravin) を買ったらフランス生活が著しく進化した件について。超下戸目線でのコラヴァンの魅力とは?

Covid-19 で散々だった2020年にはまったもの5選

Covid-19で世界中が散々な目にあった2020年。ロックダウンなどであまり身動きが取れない中でもできる範囲で楽しもうと試行錯誤してきた中で、今年はまった、2020年の思い出5選をまとめてご紹介。来年は穏やかな1年になりますように。

在仏が長くなってもどこまでも日本人な行動3選

海外生活が長いと、現地生活にあわせて勝手に変わっていってしまう感覚や言動というのが注目されがちだけど、今日は海外在住日本人が日本人らしさを保とうと努力しなくても保ててしまっている、無意識のうちにやっている日本人らしい行動についてクローズアップしてみたよ。

フランスに着いた日

今でこそ他人様のフランス生活立ち上げのお手伝いとかしている私にも当然「フランス生活第一日目」というのがありました。今日で在仏15周年。あの日のことを思い出してみたよ。

18時30分 Gare de Lyon

久しぶりにパリに行って思い出したGare de Lyon 駅の思い出を語ってみたよ。

リヨン滞在サポートサービス5周年を迎えて

2019年4月1日、リヨン滞在サポートサービスは5周年を迎えました。サービスをご依頼いただいた皆さま、またいろいろと支えて下さっている皆さまにご挨拶申し上げます。

今日はバレンタインデー

今日はバレンタインデー(St. Valentin) 。朝から知らない好青年にバラの花をもらって、ああ、フランスだなぁ…と思ったお話です。

謹賀新年

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

この素敵なソーシソン (Saucisson) は何だろう???

先日レンヌ (Rennes) 在住の知人からすてきなソーシソン (Saucisson) (?) をいただきました。見事な出来栄えをぜひご覧ください!

ボジョレー (Beaujolais) 地方の秋景色

今週はボジョレー地方へ行く用事があったので、ボジョレー・ヌーヴォー解禁時期のボージョレー地方の景色をお届けします。

最新記事

Troisgros

トロワグロ (Troisgros) : 3つ星の店は本当に「そのために旅行する価値のある」店なのか?

ミシュランガイドの3つ星の名店トロワグロ Troigros で食事&宿泊をする機会があったので、その様子をレポート。そして3つ星レストランは本当にミシュランの定義通り「そのために旅行する価値のある店」なのかをトロワグロでの1泊を通して検証してみよう。

Saint Saturnin lès Apt は廃墟と眺望を満喫できるプロヴァンスの穴場

南仏リュベロン地方の Saint Saturnin lès Apt (サン・サテュルナン・レザプト)という村。遠くからも見える細長く山を上っていく古い村の廃墟の姿と、山の上からの美しいプロヴァンス眺望とを満喫できる穴場スポットを訪れてみよう。

アルプ・デュエズ (Alpe d’Huez)でスキーをしたよ

フランスで初めてスキーに行くけどどこが良いかな?という人にひとまずおすすめしたいスキー場は、アルプ・デュエズ (Alpe d'Huez)。初心者でも超上級者でもきっと満足に楽しめるこのスキー場を今日はご紹介します。
Stationnement_Lyon

【フランスで運転】代車を住民用の路駐カードで路駐するには

フランスで事故にあい、車の修理期間中に修理工場から代車を借りた。ふだん市の住民用路駐カードで車を路上に停めている場合、借りてきた代車も路駐ができるのか?またその方法は?という疑問がわいたので役所に行って聞いてみました。
Sinistre Auto

【フランスで運転】保険会社への事故報告から車の修理まで

フランスで車の事故にあい、相手と一緒にConstat Amiable という書類を記入した。では、このあと車を修理してもらうまでにどうすればよいのかの流れを、元フランスの保険業界の事故処理担当の私が、私の事故を例に説明します。