湿度の高い日本のバスルームの掃除がぬめりやカビとの戦いだとしたら、フランスのバスルーム掃除はカルキ(石灰分)との戦いと言える。

空気が乾燥してるから一般的には日本よりカビは生えにくい(水漏れとか結露、換気が悪いなどの事情で湿気がある場合はさすがにフランスでもカビが生えるよ)けど、カルキはばかにならない。

気を抜くと水回りがすぐ白っぽく曇ったり、水滴の跡が目立ったりするのも、水道管が傷みやすいのも、我が家がウォッシュレットの設置を長年ためらい続けているのも、カルキのせい。特にお湯がね…。

さらに昔から水回りの不潔になぜか恐怖感を覚える私。カビなんてこわくて素手で触れないから、当然カビの防止と早期除去に余念が無い。具体的にカビの何がそんなにこわいのかは不明なんだけどね。

ブルーチーズとか、よくみんなあんなに青々したカビをおいしそうに食べるよね…笑。ちなみに白カビが表面を覆ってるチーズは「これはカビではなくて、片栗粉か何かだから…」と自分をだましながら食べてるから、普通に食べれるわ。余談だけど、生のキノコも素手で触るのは苦手(食べるのは大丈夫)。

というわけで、掃除はできるだけシンプルかつ効率よく済ませたい。そんな我が家で試行錯誤の結果落ち着いたバスルーム掃除の攻略アイテムをご紹介。

フランス生活を始めたけど、とりあえずどの洗剤を買っておけば良い?という人は参考にしてみてね(ただし今回は洗浄力の観点でのご紹介なので、別のこだわりがある人は、白ビネガーとか重曹とかが重宝しますよー)。あと、洗剤類は表面の素材によって不適切な場合があるので要注意。

1. 一般的な汚れ落としクリーナー

この手の洗剤はいろいろあるけど、我が家ではこのクリーナーに落ち着いてる。泡状で出て来るこの洗剤を掃除開始時にまずバスタブや洗面ボウルなどに全体的に吹きかけておいて、少しおいてからスポンジなどで擦り、全体を水で洗い流す。

カルキ汚れも落ちると謳ってるけど、何となくカルキ汚れは落ち切らない気がするので私は下記の2も併用しています。

2. カルキ汚れ用クリーナー

昔、同じテーマで紹介したクリーナーがあったんだけど、いつの頃からか見つからなくなったので、今はこちらを愛用中。ジェルタイプ(?)とスプレータイプとがある。

1でバスタブや洗面台全体をきれいにした後、水道の蛇口や排水の栓といった金属部分の輝きが欲しい箇所、シャワー周りのガラスやバスタブやタイルなどで本来は光沢があるはずの部分などに吹きかけ(ジェルタイプの場合は塗布)、(汚れがひどいときは少しおいてから)少しだけ湿らせた布で軽くこすってカルキ汚れを落とし、そのあと乾拭きで仕上げる。

バスタブやシャワー周りの壁のタイル、シャワーのホースなんかも普段気にならないかもしれないけど、よく見ると実はカルキで白っぽくマットな感じになっていたりする。それもこのクリーナーで拭くと本来の光沢が戻ってくるよ。

3. ガラス用ワイパー

我が家では該当しないんだけど、ガラス張りになっているシャワーとか、シャワーの脇に開閉式のガラス板がついているバスタブの場合、このガラスがよく見るとけっこう白く曇っていて、アパート退去時の点検で指摘されるケースも多発しているのですよ…。

退去前の忙しい時に水滴の跡で真っ白に曇ってしまったガラスを慌ててきれいにするのはけっこう大変。

だけど、ガラス用のワイパーをひとつ調達して普段からシャワー終了後にこのワイパーで上から下までサーッと水切りしてガラスに付着した水滴を落とすという一手間(1分もかからない?)を加えておけば、ガラスの透明感をかなり保てるはず。

これにあわせて定期的に2のクリーナーで掃除するのがおすすめです。

4. 応用編(「お手軽掃除」ではないけど、ときどきやると良いかも)

あとは、バスタブと壁の間のシリコンコーキングが剥がれてきたりカビたりするので、ときどきやり直すと水漏れ防止にもなるし、清潔なバスルームに見えますよ~(我が家ではなぜか私のお仕事…)。

以上、バスルームの掃除用品として最低限そろえておくと便利なアイテムでしたー。