2012年にご紹介したサロン・ド・テ、Tea by Thé がしばらく閉店していると思ったら2020年頃、ルーヴル美術館の目の前からオペラ通りに移転してリニューアルオープン。

パリに住んでいた頃けっこう気に入ってたところ、数年間パリに行っていない間に閉店してがっかりしていたので、再会できてうれしいわ。

Tea by Thé

ちなみに昔はこんな感じだった↓。

ところで、みなさんご存知の通り、世界の国々には伝統的に主にお茶を飲む国とコーヒーを飲む国とがありますね。

フランスにも、マリアージュ・フレールなどのお茶ブランドはある。

そして最近はお茶やハーブティを好むフランス人も多い。我が家にもNuit Tranquille, Nuit Calme, Nuit Paisible などといった、旦那のハーブティーコレクションが…。ていうか、安眠対策っぽい名称のハーブティーばっかりじゃん。旦那…だいじょうぶか???

とはいってもやはり食習慣的にはフランスはコーヒー派の国であると言える。ただ、コーヒーのほうもそんなに豆にこだわっている感じでもないところがポイントなんだけどね。

そんな伝統的な背景も関係しているのか、フランスのふつうの「カフェ」にももちろん紅茶やフレーバーティーはあるものの、これを注文すると、カップに入ったお湯とよくあるティーバッグとが出てきて、微妙にがっかりしたりする。アイスティーの場合は、缶のアイスティーね。桃味がついてるアレとか。

よって、値段に見合ったちゃんとした紅茶が飲みたい人はサロン・ド・テというタイプのお店に行くことになる。この手のお店は比較的上品で奥様テイスト(?) な雰囲気のところが多い。

が、このTea by Thé ではスタイリッシュなインテリアの店内またはテラスでカジュアルにお茶を楽しめる。

アールグレーやダージリンなどクラシックな紅茶から、緑茶系、お茶を使ったオリジナルドリンクまであり、軽食やお菓子もある。

写真↓のモヒート風のその名も Mojithé、歩き疲れてさっぱりした甘さが欲しいときにちょうど良い。

紅茶とココナッツクリームとパイナップルジュースで作った Pina colathé というピニャコラーダ風のアイスティーのカクテルなんかもおいしかったよ。

店内で茶葉や茶器の購入も可能です。

みなさんおなじみの「ス●バ」の「お茶バージョン」といえばイメージしやすいかな?。ちゃんとしたお茶をカジュアルに飲みたいときに便利なお店です。

パリジャンにとっても何気に斬新なお店だったんじゃないかな?

tea by Thé

3 avenue de l’Opera -75001 Paris

http://www.teabythe.com/