Hauterives_Palais idéal du Facteur Cheval

リヨンからちょっとだけ遠出して行ける観光地の一つに、オートリーヴ (Hauterives) の「シュヴァルの理想宮」という場所がある。

シュヴァルの理想宮って何?

フランス語で馬のことをシュヴァルというが、ここでいうシュヴァルというのは馬ではなくて、ジョゼフ・フェルディナン・シュヴァル (Joseph Ferdinand Cheval) さんという郵便配達人のこと。

このシュヴァルさん、世界のあちこちを旅してみたかったけれど、そういうわけにも行かない身だったので、絵葉書の写真などを見ながら空想旅行に出かけ、世界のいろいろな建物などに思いをはせる日々を送っていた。

ある日徒歩での配達中に石につまずいて転んだシュヴァルさん、その石から何かをひらめき、その後、配達中に面白い形の石を集めては庭に積んでいく生活が始まった。
こうして1879年から33年かけてこの文字通り「石造り」の理想宮を建てるわけですが、30年がかりで一人で手の込んだものを作り上げたという点に、シャルトルにある「ピカシェットの家」なんかにも似た情熱が感じられます(年代はピカシェットの家のほうが後)。

ピカシェットの家について → Chartres (シャルトル)~青いステンドグラスのカテドラル

近隣住民には「あの人、せっせと石積んで何かやってるけどだいじょうぶかね・・・?」という目で見られていたけれど、この理想宮はその後、シュルレアリスムのアンドレ・ブルトンに詩のネタにされるくらい大絶賛され、Art Brut の幻術作品として評価されて行く。

シュヴァルの理想宮に公共交通機関で行く方法

はっきり言ってリヨンから車で行くのがいちばん手っ取り早いのですが、車で行ける人ばかりではないし「車でない人はどうやって行くんだろう?」と情報収集している人もいるかと思いますので、今日はリヨンから公共交通機関で、電車とバスを乗り継いで行くプランの一例をご紹介。

リヨンのパールデュー駅から12時20分のアヴィニョン行きのTERに乗り、50分ほど電車に揺られ St. Vallier sur Rhône という駅で下車です。

ここから3番バス(Le Grand Serre行き)に乗って40分。駅はいたって地味で駅前広場にバスターミナルがあるわけでもないので、道路のほうに下りてみるとバス停が見つかります。オートリ-ヴ方向(Le Grand Serre行き)のバスは道路を渡ったところにあります。13時30分頃のバスに乗り、14時過ぎに到着です。

このバス、日曜日は運休しています(理想宮は営業しています)ので、平日に行くか、日曜日の場合はタクシーやUberなどを利用することになります。

40分くらいで到着する広場のようなところがHauterivesのバス停なわけですが、初めての場所で不安な場合はバスの車内で切符を買うときに「着いたら教えてください」と頼んでおくと安心かも。あとは、あちこちに理想宮行きの表示が出ているので追っていけば到着です。

理想宮と言えども、家屋サイズの建物なので、よほど細部を分析しながら見たりしない限りは1時間とか1時間半もあれば満足できるかな?(でも印象的だよ!)。そのあと、私たちは近くの美術館を訪れましたが、オプションとしては、理想宮を小さくしたようなシュヴァルさんのお墓(理想宮から徒歩15分程度?)を見に行ったりしても良いでしょう。

バスは到着時と同じ広場にやってきますので、これに乗って帰途につきます。参考までに、このときは17時15分のバスと18時30分のMacon行きのTERを乗り継ぎ、Lyon Jean Macé駅に19時30分頃到着というコースで帰りました。

Palais Idéal du Facteur Cheval
8 Rue du Palais Idéal, 26390 Hauterives

Facteur Cheval のお墓がある墓地
59 L’Ancienne Église, 26390 Hauterives

マップを読込み中 - しばらくお待ち下さい...

Hauterives(オートリーヴ) 45.255500, 5.026450 Hauterives (オートリーヴ)

2020年12月9日追記

先日、このシュヴァルさんについての映画「シュヴァルの理想宮 ある郵便配達員の夢(原題: L’Incroyable Histoire du facteur Cheval)」を見た。私が上記にさらっと数行にまとめてしまった33年の中にもいろいろとドラマがあり、シュヴァルさんの人生もさることながら、映画としても構成に無駄が無く俳優の醸し出す雰囲気にも引き込まれ、相方と途中から号泣しながら見てたよ。

シュヴァルの理想宮に行く予定の人 (今はちょっと難しいかもしれませんが…) は行く前に必見です。

シュヴァルの理想宮に行ったことがない相方もぜひ行きたがっていたので、また行ってみようかな?今度は車で行って、お墓まで見てきたいです。