10年前、パリで就職を果たし精神的、経済的に若干余裕が出てきたものの、まだまだ気は抜けない一人暮らしの節約生活をしていた。当時、今となっては懐かしい「Mixi」の日記のネタにしようと思って書き留めたまま10年間眠り続けていた原稿を見つけてしまったので、このたび引っ張り出してまとめてみました。10年前は↓こんな生活してこんなこと考えてたのか…。

たとえば、こういうありふれた一日があったとしよう (昔のもじゃもじゃうさぎの、実際のとある一日です)。

バージョンA

パリ16区のワンルームに住む、若き日のもじゃもじゃうさぎの休日

日曜日寝坊して、お昼頃だらだらと近所の営業終了間際の朝市に行った。

面倒くさかったんだけど、冷蔵庫の中にネギとショウガしかなくてさすがに何か調達しないとひもじい思いをしそうな状態だったから、しぶしぶ朝市へ買出しに向かう。

せっかくがんばって朝市まで来たんだし、たまには魚でも食べようと思い、魚屋でお手頃価格で手に入るいわしを買う。あと、卵もなくなりそうだったから卵と、閉店前で値下げされていた野菜を購入。

午後はセーヌ川沿いを通るバスに乗って、日曜日にも営業している店が多いマレ地区へ。特に欲しいものもないから何も買わず、うろうろして疲れたからマックでコーヒーを飲んで一休み。

明日はまた月曜だし、守りに入って早々に帰宅し夕食の準備。ネットでさばき方を見ながら(←当時の料理レベル…)、いわしをたたきにする。サラダとご飯と味噌汁で、今夜はいわしのたたき定食。

この一日は、おしゃれ雑誌のパリライフ特集ではこんなふうに描写される(はず)…と勝手に想像。

バージョンB

パリ16区在住OL、M. U. さんの休日(←間違いではないんだけど、この書き方からイメージする姿と実際の姿はちょっと違う気がする)

日曜日の朝はのんびりブランチをとってから近所のマルシェへ。週末はマルシェならではのフレッシュな食材を使ったお料理を作るのがお楽しみ!

今日はサーディンをチョイス(←なぜかカタカナ表記を多用)。ついでにビオ(←たまにフェイク要素もあり)の野菜やフルーツもお買い上げ(←実際には果物は買っていないので、ここも脚色して女子力をプラス)。

午後はバスからセーヌ川を眺めながら、おしゃれ発信地のマレ地区へ。ウィンドーショッピングでパリジェンヌの最新の着こなしを研究したあと、街角のカフェでほっと一息つく(←おしゃれ雑誌的にはファーストフードではなく、クラシックなカフェよね?)。

明日から始まる一週間に備えてリラックスするため夕方は早めに帰宅して、ディナーの支度。

最近手に入れたレシピを見ながら奮闘して、サーディンを使ったヘルシーな日曜ディナー。

場合によっては、実際には一人飯なのに、フランス人(←なぜか移民系ではなく「ニコラ」とか「エミリー」とかの原住民系ね)の招待客なんかが登場する演出が加えられたりする。

あとは、↑こういうマルシェの野菜とか、いかにもパリって感じのカフェのイメージ写真なんかを添えて出来上がり!この写真だって、きれいに見える部分だけ切り抜いてあるし(笑)。

Aの文章に、ねぎとしょうがだけが入っている空っぽの冷蔵庫の写真とか添えられるよりは、Bの方が確かにそそられるでしょ?

Bを読んでAを想像しろとまでは言わないけど、元の状況とか執筆者のがんばりっぷり(?)をあれこれ妄想しながらこうした記事を読むとけっこうおもしろいかもね。「パリ症候群」の予防になる?

最近では、SNSの投稿にもこの手法が取り入れられてるのかな?

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here