地中海沿いの町イエール (Hyères) の沖合いにはいくつかの島があります。今回は一番大きいポルクロル島 (Ile de Porquerolles) という島へ渡ってみましょう。

アクセス方法
この島へはイエールから船で15-20分ほどで行けますが、正確にいうと船はイエールの港ではなく、イエールの南に延びるプレスキル・ド・ジヤン (Presqu’île de Gien) という岬の先端にある、ラ・トゥール・フォンデュ (La Tour Fondue) という場所から出ています。ここまではイエールの中心からバスで30分ちょっとです。なるべく正午頃には船に乗ったほうが良いかと思います。

車の場合は港近くに車を停めて乗船するわけですが、観光地行きの船が出る港としては駐車場が不十分?。私たちは駐車スペースを見つけるのにかなり苦労したあげく、ずい分離れた場所に路駐することになりました。

この観点からも早めに出発することをおすすめします。5月末でこの調子なので、夏のバカンスシーズンともなれば連日大変なことになっていることでしょう。これは今に始まったことではないんだろうから地下駐車場など整備すればいいのに・・・と思うのですが、冬は赤字とか、地下を掘れないとか何か事情でもあるのでしょうかね?

船の運航は季節によって変わるので時刻は要確認です(船のサイトはこちら)。

港のそばにサンドイッチやパンなどを買える店が数軒あるので、朝食や昼食の時間を節約したい人はここで買って船の中で黙々と食べれば食べ終わる頃には島に到着です。

島のようす
島では徒歩や自転車で移動することになります。港にある観光案内所の地図(有料)を見ながら散策してもよし、ビーチでのんびり過ごすもよし、といったところです。風車や要塞跡もみどころです。ビーチは主に島の北側にあります。南側はカランクになっていたりして眺望ポイントをつないだ散策コースが続いています。海には足を浸しただけですが、まあまああったかかったように思います。

港周辺の飲食店も充実していますが、島は全体的に良くも悪くも「バカンス島」っぽい陽気な雰囲気が漂っています。人混みが苦手な人や静かにのんびりしたい人はシーズン真っ盛りは避けたほうが良いでしょう。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here