エズ (Eze) の村は、
南仏コートダジュールに見られる鷹の巣村と呼ばれる、岩山の頂上に造られた小さな村のひとつで、ニースから遊びに行けます。午前中はニースの海辺でのんびり過ごして、午後は別のところに…というプランにもぴったりです。この鷹ノ巣村には眼下に地中海が見下ろせるという素敵な特徴があります。

村へのアクセス
ニースからは長距離バスターミナル (Gare routière)からバス、または国鉄のNice Ville駅から電車でEze Bord de Merまで4駅+バスか徒歩でアクセスすることになります。徒歩の場合ですが、駅を出て北側の通りを東の方へ少し歩いていくと「ニーチェの道」という小道が見つかります。この小道、ガイドブックにもよく「険しい坂道」などと紹介されていますが、本当に険しかったです。

ニーチェの道を行く
最初の15分くらいは振り返って「うわー、きれいな眺めー!」などと、海の眺望の写真なんか撮ったりしていますが…

 

だんだん海を離れて奥に入り岩山しか見えなくなると、写真どころではなくなります。

何しろ、木が殆ど生えていないので夏の昼さがりなどは直射日光が照りつけ、かなりきついです。岩なので足場も悪いです。海のそばですが1時間とか1時間半とかそのくらいで一気に標高400mまで岩山を登るわけですから、けっこうなハイキングコースです。おしゃれなサンダルなどで行くと心の奥底から後悔しますよ…(経験者)。

と思って後で観光案内所のサイトを見たら、「山歩きに適した靴で歩け」と書いてありましたので観光案内所の言うことを聞いておいたほうが良いでしょう。
私はこのとき一人だったこともあり、半分くらいまで来たときにもう帰りたい気持ちでいっぱいになりました。「ちょっとすごい所に来ちゃったけど、本当にたどり着くんでしょうね?しかもなんか場違いな靴だし、さらに壊れてきたし…。
履けない壊れ方をしたら、はだしで岩山上るのかなぁ…」。で、とりあえずバッグにリンゴが入ってることをを思い出し、甘酸っぱいリンゴ果汁と水とでのどを潤しながら悶々と考え、進んでも戻ってもあと40分くらいこういう道を歩くことには変わりないと自分に言い聞かせて何とか登りきりました。壊れ気味の右足のサンダルにあまり体重をかけないようにして…。

ニーチェはここで何やら構想したようですが、上記の通り「進むか戻るか」を考えるほかは、モノを考える余裕などなく、しいて哲学的に言えば「無の境地」を味わえたといった感じでしょうか。でもやっとのことで到着し、村の入り口から眼下に広がる美しい海のパノラマを眺めた瞬間、疲労が引いていくのが実感できました。

この写真の左下に写っている部分が、今上ってきた岩山です。

結論としては、ニースに滞在していて、エズの「村」だけを見るのであればニースのGare routièreは町の中心部にあるので、バスで行くのがいちばん楽でしょう。ニーチェの道を歩きたい人は、下りのほうが負担が小さくて済むと思います。  

村へ到着
村自体は小さいので、小道に点在する雑貨屋など見たり、お茶をしたりする時間を含めても2-3時間もいればかなり満喫できると思います。 ギャラリーの最後の写真のテラスなんかは最高でしょうね・・・高所恐怖症の人には不向き…?
ちなみに、帰りはさすがにあのニーチェの道を下る気力はまったくなかったのでバスで下山しました。エズのビーチにも寄りたかったのでニース行きではなく、国鉄エズ駅までの路線に乗りました。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here