Yvoire

イヴォワール (Yvoire) というのはレマン湖畔にある小さな村です。
5月にサヴォワへ行った際にレマン湖方面へ小旅行に出たので、レマン湖レポートを掲載します。

レマン湖はスイスとフランスの間にまたがる氷河湖で、南側の一部(全体の4割くらい)がフランス領となっています。
スイスについてはまた後で記事にすることにして、今日はもじゃもじゃうさぎの好きな「美しい村」をご紹介します。

イヴォワール。仏語で書くと Yvoireでyで始まります。サヴォワに住む夫婦がイヴォワールを絶賛していたので、どんな所かなと思って[Ivoire, village]で画像検索したら、コートジボワールの村の画像が次々と・・・。というわけでスペルに要注意ですよ!

村について
このレマン湖畔の村は14世紀にまでさかのぼる、いわゆる「中世の村」です。城壁の外にある駐車場に車を停めて村のほうへ進んでいくと、門が見つかります。観光案内所や郵便局など公共の施設は村の門の外側正面に並んでいます。

門をくぐるとさっそく小道に沿って素敵な村の景色が広がります。観光地系のかわいい村にありがちなのですが、ここにもアートショップや雑貨屋などがあります。港に下りて夕日を眺めるのも良いでしょう。と思ってレストランで日没待ちをしていたら、思いきり逃してしまったのですが・・・。

レマン湖産のお魚料理
さて、せっかくなのでレマン湖でとれる魚など賞味したくなるかもしれません。
レストランのお品書きを見ると、どうもここでとれる魚の料理の場合、「レマン湖の○○」などとレマン湖産を名乗っており、値段が急に高くなるようです。
安くて産地が明記されていないものはよそから来た魚っぽいので、レマン湖産にこだわる場合は要注意です。もっとも、この傾向はここに限らずいろいろなところで見られるのではないかと思いますが・・・。

村へのアクセス
この村へのアクセスは車が便利ですが、SNCFThonon-les-Bains駅からバスが出ているようです。また、スイス旅行のついでにジュネーヴから半日遠足で訪れるというのも良いかもしれません。別のアクセス方法で行かれた方、コメント欄に披露してくださいね。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here