サヴォワ地方では冬の間牛舎で暮らしている牛も、夏になるとバカンスに出かけます。だいたい6月半ば過ぎ頃でしょうか。

そう、アルプスの山を徒歩でのぼり山の中に放牧されるのです。この山での放牧というのはわりとあちこちで行われているのですが、アルプスではこれを、アルプスなだけにアルパージュ (Alpage) と呼んでいます。
広々とした山でおいしい空気を吸って新鮮な草をいっぱい食べるとおいしい牛乳がとれ、おいしいチーズが出来上がるのだそうです。サヴォワチーズのおいしさの秘訣ということですね。

さて、この期間中アルパージュを取り仕切っている人々は山小屋で同時に登山客の面倒を見たりもしています。ルフュージュ (Refuge) とよばれる形態の宿泊施設で、寝床と食事とを提供してもらえます。

ボージュ(Bauges) 山塊Orgevalのルフュージュ
私たちはブールジェ湖の東側、エクス・レ・バンとアルベールヴィルの間にあるボージュ山塊のOrgeval のルフュージュに宿泊したので、そこの話をします。宿の主によるともじゃもじゃうさぎは初の日本人客だったようなので、本邦初公開レポート??

Ecoleという名前の村の近くにあるNant Fourchuの駐車場に車を停めて徒歩で山を上っていきます。ここからルフュージュまでは1時間半くらいかかり、後で忘れ物を車にとりに来るような距離ではないので、宿泊とハイキングに必要なものはすべて忘れずに! 牛が夏の初めと終わりに往復する道なせいか複雑なところは全く無く、ひたすらまっすぐ上っていきます。駐車場が標高966mでルフュージュが1630m、これを1時間半まっすぐ上るということは急な山道ということです。上り始めてしばらくはかなりきついです。牛さんたち、巨体抱えてこんな道歩くんですね。牛のバカンスも結構大変ね。

フランスの夏は日が長いので20時台くらいまでは暗い山道という感じではないのですが、それでもあまり遅く到着しないようにし、もし遅くなる場合は電話が使える所にいるうちに必ず連絡しておきましょう。連絡せずに遅れると山の中なだけに余計な心配をかけることになりますから・・・。

また山の中の簡易施設ということはよく頭に入れておきましょうね。トイレはもちろん水洗ではなく、建物の裏にひっそりとあり夜間は懐中電灯持参です。シャワーはなく、屋外にある泉(冷たい!)で洗顔したり体を拭いたりとかそういう身づくろいになります。寝る場所は、雑魚寝です。毛布とマットレスは貸してもらえます。山ですし特に夜は寒いので、暖かく眠れる衣類を用意です。だいたいみなさん遅くても10時前には就寝で、早朝に出発していきます。カメラを充電とかそういうことも期待せず、予備のバッテリーを用意しておきましょう。

なんだか不便そう、とか思いました? まあ、「不便でこそ登山」とも言えるでしょう。水もお湯も電気も使い放題の快適なホテルに宿をとりGPSを使ってハイテクハイキングとか、便利だけどちょっと何かが違う・・・。 1日くらいは不便を楽しみつつ文明に感謝する日があっても良いかな、と。

さて気になるお食事は、一応前菜のサラダ、メイン(肉とパスタとかそんな感じ)、手作りケーキのデザートとなっていてシンプルながら家庭料理の味でおいしかったです。朝食もパンにバターにジャムにカフェオレといったものが出てきます。さすが、牛乳が美味です。それと、お弁当用にサンドイッチなども用意してもらえます。費用は1泊2食付でひとり30ユーロくらいだったかと思います(お弁当付きでもう少し払った気がします)。

そんなわけで、朝食をとりお弁当を持ったところで出発です!

Refuge Chalet d’Orgeval
73630 JARSY