サヴォワ地方のブールジェ湖の北西の湖畔にシャナス (Chanaz) という小さな村があります。
ブールジェ湖とローヌ川とをつなぐCanal de Savières(カナル・ド・サヴィエール)という運河が流れる素敵な村で「サヴォワの小ヴェニス」とか呼ばれているらしい。

冬のスキーリゾートというよりは夏の避暑地といった風情の村なので、冬に行くとひっそりしています。夏に行くと花が咲き乱れ活気があります。さらに「こんなところにカフェなんてあったのね?」と冬には閉店していたため気づかなかった店まで。

水車小屋(Moulin de Chanaz)

まずは坂道をのぼって水車小屋を見に行きましょう。雑木林の中にあるこの水車小屋は19世紀の石造りの小屋で、廃屋になっていたのを修復を経て再稼動させて今日に至っているのだそうです。

水車の動力を利用してクルミやへーゼルナッツを挽いて加工したオイルが特産品となっています。オイルのほかにもマスタードやジャムを製造、販売しています。ジャムやマスタードとしてはちょっと高めですが、水車小屋と伝統産業の保存への寄付もかねてクルミのマスタードとヘーゼルナッツのジャムをお買い上げ。

水車小屋を見たら、運河のほうまで「かわいいねー」などと言いながら村の中を散策したり、運河沿いに並ぶ飲食店で飲食などするといい感じに楽しめます。

シャナスのおすすめレストラン情報はこちらの記事

サヴィエール運河(Canal de Savières) 

運河では、船に乗るというお楽しみがあります。遊覧船もいいのですが、無免許で操縦できるお遊びクルーザーを1時間半50ユーロで借りてみるのも面白いかも。緑あふれる運河を進んでいくと、40~50分くらいでブールジェ湖にたどり着きます。湖はちょっと危険度が高まるので、湖の直前で迂回してくると、ちょうど1時間半のクルージングになります。

たぶんフランス旅行でこの村にピンポイントで行く人はあまりいないのではないかと思いますが、ブールジェ湖周辺を訪れる際には立ち寄りたい村です。

Le Moulin de Chanaz

Chemin de la Fontaine – 73310 Chanaz