Sunset-Sunside_Paris

冬のパリは寒くてどんよりして日も短く、写真を撮ってもやたらと灰色・・・という調子なので何をしてあそぶか迷うところなのですが、そんな季節こそ室内で遊ぶ、つまりスペクタクルの類を楽しむという方法があります。

というわけで今日はパリを代表するジャズクラブのひとつ、Sunset-Sunside をご紹介します。

1983年開店のこのクラブはパリの中心シャトレ駅近くの狭い雑踏の中にあります。入り口は普通のカフェのようになっていて、ここで1杯飲むこともできます。受付の向かいにある階段を地下に下りるとホールがあり、受付の奥のバーの先にもうひとつホールがあります。もともとは地下だけだったのを、その後地階部分を増設して、現在は2つのホールでそれぞれ趣向の異なるジャズコンサートを毎日開いています。地下のほうをSunset、地階のほうをSunside と呼んで区別しているようです。地下には行ったことがないので、写真は地階のものです。

チケットの入手方法
お目当てのミュージシャンがいる場合は前売り券(FNACなどのチケットショップや、お店のサイトからオンラインでも買えます)を買ってもいいですし、思いつきで行って受付で当日券を買うこともできます。

中の様子は・・・?
せまい空間に客席がひしめき合っており、ところどころに小さなテーブルがあります。いかにも「ジャズクラブ」といったかんじの空間です。ただ「昔はこういう場所はタバコの煙でもうもうとしていたものだけど、煙がたりないんだよね、煙が」とかいう通な人も中にはいるかもしれませんが、世の中の禁煙への動きはここでも同じなのです。席によっては奥まっていて身動きをとりにくいなどの難がありますので早めに行って、テーブルもあり通路に出やすい快適そうな席を確保しておくのも良いでしょう。席で何か飲みながら開演まで時間をつぶせます。ドリンクは注文したものが運ばれてきた時点で代金を精算するシステムです。

有名なミュージシャンのコンサートであっても、休憩時間にミュージシャンがバーで何か飲んでいたり外でタバコを吸っていたりするのを至近距離で見られたり、ちょっと声をかけたりもできるところが小さいクラブならではです。

パリで過ごす夜、オレンジ色の街並みを散歩しつつ1杯飲みに行く予定があったら、パリを代表するジャズクラブにふらっと立ち寄って音楽に耳を傾けながら1杯飲むというのも楽しいものですよ。

SUNSET-SUNSIDE
60 rue des Lombards 75001 Paris
http://www.sunset-sunside.com

2 コメント

  1. 貴ブログを拝見しました。
    仕事で海外暮らしが続き、このところパリに出張する機会が多いので、よるは好きなJazzでも聞きに行っこうかなとネット検索して見つけた次第です。
    良い紹介文ですね、Sunset-Sunside私もいってみようかなと思います。
    また、お薦めの店があったら教えて下さいね。

    清水@アルジェリア

  2. 清水様、コメントありがとうございます。
    アルジェリア・パリ間のご出張お疲れ様です。

    このジャズクラブはパリのど真ん中なので、別のお店でディナーの後などにも行きやすいかと思います。
    最近パリについての記事がすっかり減ってしまったのですが、またおもしろいお店があったら記事にしてみますね。

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here