観光アクティビティが充実しているフロムで、いろいろ遊んでみました。

カヤックツアー

フロムからカヤックでフィヨルドを進み、途中岸に上陸して少し山中を散策するというツアーを旅行手配の段階で予約していた。

今日は今シーズン初のカヤックツアー開催という事で、参加者は全部で3組6名。スタッフは2人の若い女性。

まず初めに英語で自己紹介です。名前とどこから来たか、カヤック経験の有無と泳げるかどうか、健康面での条件の有無、好きなアイスクリームフレーバーを2種類言ってください、とのこと。

おーっと…英語で自己紹介とか、ちょっとドキドキしちゃうわね(←小心者)。いや、英語の自己紹介って、なんとなくイメージが学校とか面接試験とかそういう感じだからさ。これからみんなで楽しい時間を過ごすために仲間たちに自己紹介しましょう…てだけの話なのにね。

ところで、最後の質問項目なんだけど、前日の夜、アパートの冷凍庫に大量のアイスが詰まっているのを見つけて、相方が「ノルウェー人て、アイスが大好きなんだって~」と同僚から聞いた話を披露していた。なので、ここで早速ノルウェー人のアイス好きが証明されててちょっと面白かった。人にまで好みを聞いちゃうほど、みんなの関心事なのね?

こうしてなんだかんだで1時間ほど色々な説明や準備などがあり、いよいよ出発です。装備は全部貸してもらえます。

ちょうど小腹がすくころ上陸して散策して休憩になります。けっこう先までカヤックで進んでいて、そのコースをまた漕いで戻っていくので、何か簡単な食べ物を持参してここでエネルギー補給しておくと便利です。

ネーロイフィヨルドとチーズ・テイスティング

朝からカヤックを漕いで体力を使ったのでアパートに戻ってしばらく昼寝をしたあと、16時半から昨日フロムに到着後に申し込んだツアーに参加します。

世界遺産のネーロイフィヨルド (Nærøyfjord) を見てから、フィヨルド沿いの小さな村に立ち寄って山羊のチーズをテイスティングするというツアー。

スピードボート (リブボート) なのでけっこうな勢いで進んでいきます。これも冷たい海に落ちた時の対策用にかなりの重装備で出発ですがそれでもやはり寒いので、中にもしっかり着込んだ方が良いかも。

途中で霰とか降ってきた。こっちも高速移動中だし、痛い痛い。局地的というか一時的というか、痛い時間はそう長くはなかったけど、天気が変わりやすいのは確かだわ。

そんな天気なので霧がかかってたりするんだけど、霧のネーロイフィヨルド、美しかったです。途中に船でしかアクセスできない小さな村(というか集落というか…)をいくつか眺められます。

Nærøyfjord
Gudvangen

帰路につく途中でUndredalという村に立ち寄ります。ここで山羊チーズの試食です。

Undredal

そういえばフィヨルド沿いのあちこちで山羊が放牧されていますが、海からすぐに山になるフィヨルドでは、上にも下にも行ける範囲が限られているため、山羊たちは放っておいてもちゃんと戻ってきてくれるとのこと。

チーズの説明を聞いた後試食タイム。白いチーズが数種類とブラウンチーズがあり、お好みでジャムなどを添えて試食します。チーズのお供といえばワインなのですが、ここはアルコールが気軽に飲めないノルウェー。コーヒーかお茶を選択です!!

試食したチーズはどれも食べやすくて、もともと山羊のチーズが苦手な私にも満喫できました。特に独特の製法で作られているブラウンチーズは、一般的なチーズの概念を覆してくれる、キャラメルみたいな味わいで新たな発見です。お土産におすすめです(←この時とおなじようなスタイルでアペリティフにして皆に試食してもらった)。

はい、どうぞ。当日写真をとるのを忘れたので、後日自宅で撮影…

美しいフィヨルドの景色を楽しめ、フィヨルド沿いの小さな村に上陸してノルウェー的なものを試食できるので、効率が良いツアーとしておすすめです。ガイドはデンマーク人のイケメン(?)でしたが、ほんとノルウェーが好きなんだろうな…ってくらい色々説明してくれました。

Stegastein viewpoint バスツアー

昨日は下からフィヨルドを満喫したので、やはり上からの眺望を見ておきたい。ということで、翌日は出発までの時間を利用して、展望台に行くバスツアーに参加しました。眺望日和。

Stegastein viewpoint
Stegastein viewpoint

というわけで、昼下がりのフェリーに乗ってバレストランド (Balestrand) へ。