南フランスのコートダジュールの中心都市ニース (Nice)。バカンス先としても大人気です。
夏はもちろん、冬でもレストランのテラス席でランチができる温暖な気候です。

パリから飛行機でもTGVでもアクセスしやすいです。とはいってもTGVだと5時間以上かかるのでちょっと長旅にはなりますが…。

ニース・コートダジュール空港から町の中心までもアクセスしやすく、海岸に沿って走るバスであっという間に到着です。

Promenade des Anglais
この海岸に沿った道路は、イギリス人の遊歩道(Promenade des Anglais) と呼ばれています。昔ここにバカンスを過ごしにくるお金持ちのイギリス人たちが遊歩道整備のために寄付をしたからだそうです。

広い歩道にはベンチやいすがあちこちに配されており、腰掛けて海を眺めているだけでもバカンス気分が満喫できます。この屋根つきの場所なんか、座りたい人の人気スポットです。

車道をはさんで、通りの反対側にはホテルやレストラン、カジノなどが軒を連ねており、特にシーズン中は夜中までにぎやかです。飲食店以外の普通のお店も夜遅くまで開いていたりします。
なので、コートダジュールでのバカンスでぜひ夜遊びも充実させたいという人は、ニースの中心部に宿を確保しておくと、いろいろ捗ると思います。ビーチリゾートはどこも同じだとは思いますが、海から離れるにつれてホテルの宿泊費は安くなります。

ビーチは砂ではなくて河原のような小石なので、不健康なもじゃもじゃうさぎなどは、はだしで歩くと足のうらが痛みます。小石のビーチはそんな足裏マッサージ効果がある上、荷物が砂まみれにならないという利点がありますね。

もっと人が少ないところのほうが…ということもあるかもしれませんが、ニースのビーチの華やかさは、バカンス初めの景気づけ(?)などに向いているのではないでしょうか。皆さんは、どんなビーチが好きですか?

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here