朝起きてみると、今日はお天気が良さそう。
ということで、今日はサン・ネクテールを出発して Massif du Sancy 周辺の景色を楽しみ、Murol (ミュロル) のお城を見て、フランスで最も美しい村の仲間入りをしているBlesle(ブレール)という村まで行きます。

春らんまん。お花が咲き乱れていますが、遠くにはまだ少し雪が残る山が見えます。牛さんたちもお花に囲まれてお休み中です。
そして3枚目のパノラマ写真。祖国の火山の代表ともいえる阿蘇、草千里あたりの景色を思い出させてくれます。

ちなみに現在フランス本土には活火山はありません(海外県のレユニオン島とかにはあります)。
火山地という土地柄、わたしたちが通ったところではフランスの田舎におなじみの景色「ブドウ畑」が全く見られませんでした。

写真はクリックで拡大できます。

Roches de Tuilière & Sanadoire

そして、この辺りをドライブしてぜったいに見ておきたかったのが、下のギャラリーの1枚目の2つの岩です。場所はD983沿いの Lac de Guéryという湖のそばです。

この2つの岩、どちらも200万年くらい前に溶岩によってできたものなのですが、でき方が違います。Tuilière(向かって左側)のほうが1回の噴火でできたもの、Sanadoire(右側)のほうが複数回でできたものなのだそうです。ちなみにこちらの頂上にはは100年戦争の頃にお城が建っていたのですが、15世紀頃の地震で崩壊したとのことです。2つの岩の間、奥のほうまで見える谷は氷河によって形成されたものです。Lac de Guéryももともとは氷河湖、さらに火山でせき止められてできた湖なのだそうです。

なんて語ってみましたが、100年(続いた)戦争も地震で崩壊したお城も、200万年前の噴火とか氷河とかスケールが大きい話の前では小さく見えますね。

Murolのお城を見学 

さて、一通りオーヴェルニュの景色が見終わったところでミュロル (Murol) という村へ向かいます。この村は中世に建てられたお城で有名です。

城内は一部壁だけになっており高い壁の中途半端な位置に暖炉の跡などが見え、本来は3階建てくらいだったのかな…なんてことがうかがえたりします。また、ちょっとした中世博物館のようになっており、なかなか見ごたえのあるお城です。

 

 

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here