グラースへのアクセス
アンチーブから電車で40分ほどです。電車は1時間に1本くらいあり、10時過ぎの電車に乗りました。グラースの旧市街は山の上にあるのですが、電車はそのふもとに到着します。町へのアクセス方法は、バスで坂を上るかまたは徒歩で階段を上るという選択肢があります。というわけで、徒歩で上りました。

国際香水博物館 (Musée international de la Parfumerie)
徒歩で上って汗だくになったので、さっそく室内で涼もうと国際香水博物館に3ユーロ払って入場すると、まず良い香りのする暗い部屋でイメージ映像を見るという癒し部屋ふうのイニシエーションから見学が始まります。この小部屋でまんまと休憩した後、原料となる植物の実物を見たり香りを嗅いだりしながら香りの系統を学び、更に、古代から現代に至るまでの香料の歴史コーナーへと続いていきます。そういえば、日本の香道も紹介されていました。かなり見ごたえのある博物館なので、真剣に見るとそれなりに時間がかかります。

またこの博物館の入っている建物は18世紀後半に建てられた邸宅で、フランス革命時にはVAR県の革命政府が置かれていたそうです。なので、見学の途中に急に壁がトリコロールに塗られた革命仕様の部屋があったり、庭の片隅にはギロチンにかけられた20代から70代までの人々の名前が刻まれた碑があったりと地味に香水以外の歴史も語っている館でもあります。

ところで、冒頭に香水クリエイトセミナーのことを書きましたが、グラースは香水の町なので、もちろんこういうアトリエが用意されています。有名なのはガリマールのものですが、ネットで見ていたら他の小さいパフュームリーでも行われているのを見つけました。自分の香水を創ってみたい人は、申し込んでみるのも良いかもしれません。

グラースの旧市街は、狭くうす暗い路地に暖色の建物がひしめき合っている感じですが、全体的にはどちらかというと郊外のベッドタウンのような印象を受ける町でした。

Musée international de la Parfumerie (国際香水博物館)
2 boulevard du Jeu de Ballon – 06130 Grasse

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here