こんにちは。12月5日から8日までリヨンで開催されていた「光の祭典 (Fête des Lumières)」の様子を断片的にお届けします。

まずは、テロー広場とフルヴィエールのノートルダム寺院。ノートルダム寺院は巨大なミラーボールがぶら下がってまるでクラブのようになっています。

お次はテットドール公園と、自宅近くの高台からの眺め。建物のすき間に見えるサトネー広場。広場に立ち並ぶ木をバレリーナに見立てた演出になっていました。

そして、やはり伝統的なろうそくの点灯の様子。前回の記事にも書いた通り、これが「光の祭典」のそもそもの姿です。地区にもよるのかもしれませんが今日では実行しているアパートは1/3くらいかな?

そして今回、もじゃもじゃうさぎのイチオシは、これ。

Anouki

アヌキ (Anooki) というエスキモーの小人の2人組が舞う、6分ほどのかわいらしいスペクタクル。
絵柄も音楽もシンプルなのに芸が細かくてよくできています。動画に全編収めて自宅で何回も楽しんでいます。音楽がシンプルなだけに頭の中で1日中ぐるぐる回るんだけどね。ここで動画を披露できないのが残念。

アヌキのクリスマス
さて、光の祭典を終えたアヌキは12月14日から25日まで大阪で開催される「光のルネサンス」で大阪市中央公会堂に登場します! 日本人の「かわいい!」のツボを刺激しまくってますので、お近くに行かれるみなさん、ぜひ足を運んでみましょう!

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here