フランスの朝ごはんでイメージしがちなクロワッサン (Croissant)やパン・オ・ショコラ (Pain au chocolat) などの菓子パン、総称してヴィエノワズリ(Viennoiserie) といいます。実際のところ、毎朝こうしたものを食べる家庭は、健康面やコスト面からみてもあまりいないような気がします。どちらかというと、カフェやホテルの朝食とか、休日のブランチとか、そういう「おしゃれ朝食」のイメージかな?

 

とはいえ、やはりフランスの日常生活に密着した食品であることは間違いありません。

コミュニケーションツールとしてのミニ・クロワッサン

これらのパンにはミニサイズも存在します(上の写真のパンもミニサイズです)。普通のサイズより小さくて食べやすいので、少しだけ何かを食べたいときに便利です。

が、今日はフランスの社会人生活のコミュニケーションツール(?)としてのミニ・クロワッサンの役割に注目してみましょう。

パリで損保の仕事をしていたとき、たまに本社で研修がありました。

朝、会場の会議室に入ると、何やらパンとコーヒーの芳しい香りが…。見回すと片隅のテーブルが朝食ビュッフェのようになっていて、ミニ・クロワッサンなど数種のパンが並び、コーヒーのポットとオレンジジュースまで!開始前の待ち時間や休憩時間に、講師やほかの参加者たちと飲食するわけです。

こういう光景を日本の会社で見たことが無かったので、初めて見たとき、ちょっと衝撃でした。

日本で会社勤めしていた時は、休暇や出張のお土産などが午後4時過ぎ頃に配布されたりしていましたが、さすがに朝から会議室でパンをほおばる機会はなかったですからね。

これ、フランスの会社ではおなじみの光景なのだそうです。

自分の誕生日の朝、ミニ・クロワッサンなどを買って行って(パン屋は早朝から開いている)、同僚にふるまうというのはメジャーな習慣です。ちょっとした内祝いですね。

また、たとえば金曜日の朝は交代で誰かがクロワッサンを持ってきて、部署のみんなで食べるという習慣がある企業なんかも。

企業や部署の規模にもよるかと思いますが、最低週1回くらいの頻度でこのような機会があるため、調子に乗って食べているとすぐに太って危険なので要注意です。

そのほか私生活でも、たとえば引越しの手伝いに友達が来てくれる場合に、朝の集合時にふるまったりもします。

最近びっくりしたのは、ソルドの初日の朝、とある洋服屋のレジ前でもこうした朝ごはんをサービスしていたこと。洋服屋なのに、いろいろ大丈夫なのかやや心配ですが、太っ腹ですね。においで人を寄せ付ける作戦かな?なんか虫とか獣とかをおびき寄せるみたいなイメージ?

まあ、朝のコーヒーとパンの香りって、つい顔がほころびませんか?

お礼だったり、内祝いだったり、単に会話のお供だったり、いろいろな用途で気軽に使えるミニ・ヴィエノワズリ。朝から仲間とごきげんに一日の仕事を始められるツールとして、一定の役割を果たしているんじゃないかなと思います。

 

返事を書く

Please enter your comment!
Please enter your name here