運転免許証のルールをチェック!

フランスで運転】運転免許証のルールをチェック

もじゃもじゃうさぎはペーパードライバーのくせに、というかだからこそ免許証の取り扱いに慎重です。だって免許が無効になって試験を受けなおすことになった場合、受かる自信が・・・。

なので運転はしないつもりでしたが、就職して滞在身分が変わったときにももちろんフランス免許への切替を怠っていません。

ここで日本で免許をとった日本人がフランスで運転するときの免許証のルールをまとめておきます。ちなみにフランス語で運転免許証のことをPermis de conduireといいます。

  • 滞在許可証がない人(短期滞在者、ワーキングホリデー)→ 国際免許証
  • 学生ビザの人 → 日本の免許証 + 法定翻訳(日本大使館、領事館などでも作ってもらえます)
  • 上記以外の滞在身分の人 → フランス入国日(学生から身分変更した場合は変更日)から1年間は、国際免許または日本の免許証 + 法定翻訳で運転できるが、1年の期限内にフランスの免許への切替が必須

この期限を過ぎてフランスの免許を持とうと思ったら、試験を受けなくてはいけなくなってしまいます。また、期限を過ぎてフランスの免許へ切り替えずに運転していて、それが発覚した場合は「無免許運転」とされてしまいますので要注意です。人生何があるかわかりません。ほんの1%でも運転する可能性がある人は切り替えておいたほうが良いでしょう。

日本の普通免許はフランスではPermis Bという種別に相当します。日本でAT限定免許の人は、フランス免許の備考欄にもAT限定と記載されます。

日本の免許証は必要書類をそろえて提出すれば、普通は問題なく切り替えてもらえます。もとの免許証の発行国によって対応が異なります。
とはいっても何らかの問題で切替に時間がかかったりする可能性もありますので、「1年あるから」と気を抜かずに早めに手続きしたほうがよいでしょう。
あと、実際に車を購入する際に自動車保険に入ることになりますが、フランス(EU)の免許でないと引き受けたがらない保険会社も多いのでフランスの免許を前もってとっておいたほうが何かと便利です。

2013年から免許証のフォームやシステムが一部変更になりました。
旧フォームはどぎついピンクの紙製で無駄に大きく、部分的にパウチされているという何とも安っぽい作りです。その代り、発行も早いんですけどね。扱いが雑だと破れてきたりするので取り扱い注意です。
この免許証は終身有効なので、肝っ玉母さんみたいな人の免許証を見たらモデルのような美女の写真だったり、脂ぎったおっさんの免許証の写真がかわいらしい坊やだったり、イケメン好青年だったりすることがあり、なかなか見ものです。

新フォームの方はもうちょっと控えめなピンクのプラスチックカードです。結婚して姓が変わった人でも免許証には「旧姓」が表示されます(データ上は現在の姓も登録されているとのことです)。こちらは有効期限が設定されるので上記のような、証明写真が意味をなさない事態はなくなっていくんでしょうね。